産育休ママにおすすめの副業はこちら

正社員からパートになってよかった!先輩ママの幸せな体験談とベストタイミングを解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

※クリックするとジャンプします

正社員からパートへの転職は、多くのママたちにとって大きな転機です。「収入が減るのでは?」「子育てと仕事のバランスは取れるのか?」との不安がつきまといますよね。

私も、このまま正社員で良いのかと悩みに悩んだうちの一人です…。

そこで本記事では、実際にパートに転職して「よかった」と感じるママたちの体験談を紹介します。パートになるタイミングやパート勤務のメリット・デメリットを注意点を分かりやすく解説。

この記事を読めば、正社員からパートへの転職を考えるあなたが、後悔のない選択をできるようになりますよ。

\ 無料相談でプレゼントもらえる /

 読みたいところをクリック

正社員からパートでよかった!幸せ体験談

正社員からパートでよかった!幸せ体験談

「正社員からパートになってよかった」「後悔していない!」といった声を、Yahoo!知恵袋から紹介します。先輩ママの体験談を参考に、たくさんの選択肢を持ちましょう。

①子どもとご飯を作る余裕ができた

1つ目は、子供と一緒にいたくて会社を辞めようかと考えているママさんからの投稿です。

せめて3歳まで自分で世話したいと考えていて、パートになろうかと思っています。

こちらに対し、以下の幸せ体験談が寄せられました。

私は正社員フルタイムからパートにして(中略)幼稚園選びの真っ最中です!(中略)残業はほとんどないですし(中略)子どもと遊んだりご飯を一緒に作ったりする余裕もできるんですよね

引用元:Yahoo!知恵袋

心と時間に余裕ができて、子どもと過ごすのが楽しくなったそうです。

残業がないのは、パートのメリットですよね。

②週4パートへ切替。後悔はなし!

2つ目は、パートになるか迷っている1歳半の子どもを持つママさんです。

困ったさん

勤め先が遠いので、近場でパート先を探した方が時間を有効に使える気がします。

こちらに対し、先輩ママさんからの助言は以下のとおりです。

私は産前正社員でしたが復帰後は週4パートへ変更しました。(中略)こどもとすごす時間がほしかったのでこの選択でよかったなと感じています。(後略)

引用元:Yahoo!知恵袋

時間が無くていつもイライラするよりも、笑って過ごしたいですもんね。

正社員からパートでよかったこと5選

正社員からパートでよかったこと5選

正社員からパートに転職すると、多くのメリットがあります。こちらでは、時間の使い方や仕事への重圧軽減など「パートでよかった」と思えることをお伝えします。

※クリックするとジャンプします

①時間の融通が効く

パートで働く場合、シフトを提出して勤務日・時間を選ぶ職場が多いです。時間の融通が効きやすいので、以下のようなときに働きやすさを実感できます。

  • 子どもの授業参観なので、早めに退社
  • 家族旅行に行くので、来週はシフトを減らそう
  • 朝の通勤ラッシュを避けて出勤

日々の生活が、より柔軟になりますね。

②急な休みが取りやすい

子どもの突然の熱や予防接種のために、どうしても仕事を休まなければいけないときってありますよね。

正社員の場合は自分の仕事が止まってしまう心配がありますが、パートでは他のスタッフがフォローしやすいため、子どもの急な体調変化にも柔軟に対応できます。

③責任が少ない

一般的に、重大な決断や責任を伴う仕事は、正社員が担当します。そのため、仕事のプレッシャーが軽減され、精神的な負担が少なくなります。

例えば、重要なプロジェクトの最終決定権は上司にあり、自分はそのサポートに徹することができます。

④子どもとの時間が増えた

残業や休日出勤が減るため、子どもと過ごす時間が増えます。この時間を利用して、以下のような活動が可能です。

  • 子どもの宿題を一緒に見る
  • 一緒に料理を楽しむ
  • 絵本を読む時間を持つ
  • 子どもの趣味に付き合う
  • 学校行事に参加する

子どもと一緒に居られる期間は短いもの。後悔なく時間を使えそうですね。

⑤無駄な付き合いが少ない

パートなら、社内の飲み会や上司とのランチなど、気乗りしない付き合いが減るかもしれません。

無駄な付き合いが無くなれば、自分の時間を大切に使えるように!

例えば、好きなカフェでのんびりランチを楽しんだり、趣味の時間を増やしたりできるかもしれません。

正社員からパートで後悔したこと4選

正社員からパートで後悔したこと4選

正社員からパートに転職すると、多くのメリットがありますが、一方で後悔する点も存在します。ここでは、具体的シーンを交えながら4つの例を解説します。

※クリックするとジャンプします

①収入が減る

正社員からパートになると、時給ベースの給料に変わります。これにより、月々の収入が減少するだけでなく、ボーナスや退職金もなくなるため、経済的な影響が大きいでしょう。

厚生労働省のデータによると、正社員とパートの収入は100万円以上の年収差となっています。

正社員:303万円
正社員以外:200万円

子どもの教育費や生活費にかかるお金を考えると、年収が100万も下がるのは厳しい…

②代わりのスタッフを探すのが大変

パートでは、子どもが急に熱を出した際に休む必要があるとき、代わりのスタッフを探す責任が生じます。

特に、スタッフが少ない職場では代わりを見つけるのが困難で、自分が休むことによって職場に迷惑をかけてしまう可能性があります。

これは、正社員時代にはあまり経験しなかったストレスの一つです。

③昇給・昇進が少ない

パート勤務では、長く働いても時給アップには限界があり、1年ごとの昇給や定期的な昇進も期待できません

モチベーションを維持するのが難しくなるかもしれません。

例えば、同じ業務を長年続けても給与が変わらないため、仕事へのやりがいを感じにくくなることがあります。

④楽だと思われてしまう

パート勤務は、周囲から「時間があっていいね」「責任がなくて楽だよね」と軽く見られがちです。特に、正社員として働いていた人にとってはかなりショックな言葉ですよね。

自分は家庭と仕事のバランスを取るためにパートを選んだのに…と、打ちのめされる可能性があります。

正社員からパートでよかった!と思うためにやること

正社員からパートになってよかったと思うためにやること

ここでは、正社員からパートに転職する際の後悔を避けるため「パートになってよかったと思うためにやるべきこと」を3選紹介します。

正社員からパートになってよかったと思うためにやること

※クリックするとジャンプします

副業をはじめる

パートになると、収入が減ってしまう可能性が高いため、正社員のうちに副業をして、収入源を増やしましょう。

特に、子どもが小学生以下の場合、自宅でできる副業は大きなメリットがあります。

副業が上手くいけば、パートではなくフリーランスを目指せるかもしれません

稼ぎ方メリット仕事内容
クラウドワークス自宅で仕事ができる
子どもが寝静まった夜の時間を利用OK
ライティング
データ入力
事務代行
ブログ運営子どもの日常や趣味に関する内容をブログに書ける
育児商品のアフィリエイトを設置して収入が得られる
商品の紹介
記事の執筆


これらの副業は自宅でできるため、子どもの急な体調変化にも対応しやすく、家庭と仕事のバランスを保ちやすいのが大きな利点です。

ママ向けの副業は、こちらの記事(【初心者OK】主婦の在宅ワークおすすめ8選|未経験からできる仕事を紹介)を読むと、今すぐおうちで働ける仕事が見つかります。

家計の見直し

子育て世代では教育費や生活費の計画も重要です。

収入が減ることを前提に、無駄な出費を削減しましょう。


例えば、保険の見直しを行うことで、月に2~3万円の固定費を節約できる可能性があります。

教育費の貯め方・子ども向けの保険探しなら、「ママ」のための保険無料相談サービス【ベビープラネット】がおすすめです。子育て経験のあるFPさんが、ご自身の経験を踏まえて親身に相談に乗ってくれます。

赤ちゃんと一緒にファミレスで相談に乗ってもらえます。

\ 無料相談でプレゼントもらえる /

退職金・失業手当の確認

正社員を辞める前に「退職金は出るのか」「金額はいくらか」を忘れずに確認しましょう。 

退職金のルールは会社ごとに異なるので、給与規定をチェックしてくださいね!

正社員を退職してパートになるまでに求職期間がある場合は、失業手当をもらえる可能性があります。

失業保険を貰える人
・雇用保険に加入し、保険料を支払っている
・辞める前の2年間に12カ月以上の雇用保険の被保険者期間がある
・働くの意志と能力があり、求職活動を行っている

いつからもらえる?
自己都合退職の場合は、7日間の待期期間後、更に2~3カ月の「給付制限」が設けられています。その期間は失業手当の給付を受けられません。

(参照元:ハローワーク

正社員からパートになるベストタイミング

正社員からパートになるベストタイミング

正社員からパートに転職する際、最適なタイミングを見極めることは重要です。後悔しないために、以下のタイミングで働き方を切り替えてくださいね。

正社員からパートになるベストタイミング

※クリックするとジャンプします

ボーナスをもらったあと

パートになるとボーナスの支給がなくなるため、正社員の最後のボーナスはしっかりと受け取るのが重要です。多くの企業では「賞与支給日に在籍していること」がボーナス支給の条件となっています。

可能であれば、ボーナス支給日までは在籍するのがおすすめです。

就業規則を確認し、自分が受け取るべきボーナスを逃さないようにしてくださいね。

人事異動の前に

多くの企業では4月に人事異動が行われるため、このタイミングで退職すると会社側が後任を見つけやすくなります。また、新年度の始まりと同時に新しい職場でスタートすれば、自身のキャリアもスムーズに移行できるかもしれません。

辛いと思ったら

そうは言っても、「仕事と家庭のバランスを取ることが難しい」「いますぐ子育てに専念したい」と感じたら、今が働き方を見直すタイミングです。

自分の健康や家族の幸福を最優先に考えましょう。

ストレスが溜まり過ぎる前に、自分の心身の状態を見極め、必要に応じて働き方を変える勇気を持ってくださいね。

【FAQ】正社員からパートになってよかった!よくある質問

【FAQ】正社員からパートになってよかった!

こちらでは、正社員からパートになってよかった!と思うために、事前に解消したい疑問や質問を解説します。

パートには有給がない?

パートにも有給休暇はあります。条件を満たせば10日~20日の有給休暇を取得する権利があります。

パートの社会保険はどうなる?

パートタイムでも、勤務条件によって社保に加入できます。原則として、週の所定労働時間が20時間以上、または1ヶ月の賃金が8.8万円以上の場合、健康保険と厚生年金保険の両方に加入する必要があります。

正社員からパートは、念入りな準備を!

正社員で頑張って働いていると、育児と仕事のバランスを取るのが難しいですよね。「正社員からパートに切り替えてよかった」と語る先輩ママも多く、幸せの感じ方はそれぞれです。

「パートになって収入が減ってしまうのが不安」だと思ったら、保険の見直しをして固定費をさげること、クラウドワークスの副業に挑戦して新しい道を切り開くのが大切です。

しっかり準備をして、後悔のない選択ができることを願っています。

おとくま
育休中のママブロガー|3歳差姉妹に翻弄される日々。子どもがいても産育休中でも、やりたいことやりたい!がモットーです。|副業WEBライター歴5年目|
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 読みたいところをクリック